疫病の規則性(新型コロナウイルスのあれこれ)

知り合いから送られてきた文章。
最近ネットにアップされ話題になったそう。

「中国古老历法一次次证明瘟疫始于大雪、发于冬至、生于小寒、长于大寒、盛于立春、弱于雨水、衰于惊蜇千百年来,发生在中国的历次瘟疫都是按这个规律始终的。大家坚持宅在家里,到3月5曰(农历二月十二日)就会解除封闭走出户外拥抱太阳、蓝天和大地美丽的风光。」

訳すと

「中国の歴史は証明している。瘟疫は大雪に始まり、冬至に発して、小寒で生まれ、大寒に長じ、立春に盛り、雨水に弱まり、啓蟄に衰える。千年もの間、中国の瘟疫は始まりから終わりまでこういう規則になっている。みんな家にじっとしていよう、3月5日(旧暦2月12日;啓蟄)になったら封鎖が解除され、外に出て太陽や青空、そして大地の美しい光景を抱きしめよう。」

て感じ。

瘟疫というのは中医学の用語で、はやり病、急性伝染病の事。

大雪、冬至、小寒、大寒、立春、雨水、啓蟄は24節気の名前で、
2019-2020のカレンダーに当てはめるとそれぞれ、
大雪12/7、冬至12/22、小寒1/6、大寒1/20、立春2/4、雨水2/19、啓蟄3/5。

中国で昔から云々はインフルエンザの事だと思うけど……
COVID-19に関しても確かにうまい具合に一致してるし、このまま啓蟄で衰えて欲しいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

せっせと米炊くママ
2020年03月04日 14:00
啓蟄は3月5日!! 今年は、草花も間違って咲いたりするくらい気温の変化が例年と変わっている年だから、うまくいかなかったのかなー。暖かくなり、湿気が増して来たら収束することに期待します!