テーマ:異文化

大鶏大利

今日2017年1月28日は春節です。 旧暦(農暦)の1月1日、台湾の人にとっては今日が新年、新しい1年の始まりです。 特に今年の春節はいつもよりちょっと早くて、西暦での1月1日にも「新年快楽」(あけましておめでとう)と言い、1か月も経たないうちにまた新年。 過去形現在形のはっきりしない中国語では、「新年快楽」は「あけまして…

続きを読むread more

紅い・・・

台湾の友人の結婚式に行ってきました。 新郎新婦ともよく知っていて、仕事で一緒にチームを組んでいたこともあり、お世話になった二人です。 結婚式といえばご祝儀。(爆) 台湾では「紅包」といって、赤い封筒に入れるのが普通です。 日本のような熨斗袋ではなく、赤いシンプルな封筒です。 文房具屋やコンビニはもちろん、当日ホテルなどの会…

続きを読むread more

元宵節

春節から15日の今日は、元宵節といって、お正月が終わる区切りの日です。 日本で言う小正月かな。 伝統的には、家族団らんして『元宵(げんしょう)』というお団子を食べるのですが、その由来について(各種説がありますが、その一つ)。 むかーしむかし(漢とかその辺の時代)、東方朔という名の大臣が梅林を散策していると、井戸に身を投げよ…

続きを読むread more

贈り物のタブー 病院編

以前も似たようなことを書きましたが、今回は病院限定。 医療関係者、というか、病院勤務の人、特にドクターとナースにあげてはいけないもの! (以前書いたプレゼントのタブー: http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/1612f1a0be) それは・・・ パイナップルとマンゴー。 え?何…

続きを読むread more

釈迦頭

この週末は、台湾には珍しい4連休でした! もともと、4月4日(土)が子供の日、4月5日(日)が清明節という祝日で、それぞれ金曜日と月曜に振り替え休日が当てられて、4連休に。 土曜の祝日を前日に振り返るって、珍しいことするよねぇ。 ここのところずっと天気も良くて、既に短パンビーサンな人もいるくらい。 その一方でダウン着てる人も…

続きを読むread more

春節

今日は春節です。 未年です。 スーパーで買い物したら、春聯をくれたので、ドアに貼ってみました。 そういえば、美術館では、小学生の創作羊展以外にも羊関連の展示がありました 羊モチーフの絵のコンクールがあったらしく、どれも何だか年賀状のデザインみたいだった。 色使いが日本とは違って、カラフルでポップ。 羊って、イラス…

続きを読むread more

結婚写真についての感想

台湾名物(?)の結婚写真を見たときに、言ってもいいものかどうか迷う一言がある。 「看不出来」 意味は、「そうは見えない、見て分からない」。 だって・・・化粧と修正で、まるで別人になってたりするから。(爆) 顔も。 体型も。(二の腕とか、見事にほっそり) とりあえず踏みとどまって、綺麗だね~、と言うけれども。 …

続きを読むread more

クランベリー

クランベリーが、泌尿器系の感染症に効果があるとか。 特に女性の、再発を繰り返す膀胱炎の予防になるらしい。 台湾では結構知られてる民間療法(?)らしいけど、聞いたことなかったなぁ。 一応、根拠となる論文も20年ほど前に出てるらしい。 水分をいっぱいとって、トイレを我慢しない、泌尿器周辺を衛生に保つ、というのが日常的に気をつける…

続きを読むread more

肺炎

小学生の頃、肺炎にかかったことがある。 風邪をひいて、熱がなかなか下がらなくて、レントゲンとったら肺炎と。 地元の個人病院にかかっていたのだけれど、その時に、入院するか、通院するか聞かれたっけ。 入院すれば3日ほど、通院だと、毎日朝と夕方の2回、点滴に通うという方法で、1週間ほどかかると。 子供だったから、入院という言葉にお…

続きを読むread more

教育ママ

台湾は教育熱心な家庭が多い。 日本と同じく少子化が進んでるし、結婚しても共働きが普通。 ということで、女性でも高学歴、高収入がパートナーの条件として挙げられたりするんだよね。 勉強以外の、音楽や絵画、運動などの教室に通っている子供も多くて、勉強の塾と合わせて、毎日のように習い事があったりする。 外国語もその1つで、英語の他に…

続きを読むread more

証明写真

ちょっと入用があって、写真館で証明写真用の顔写真を撮ってきました。 ちなみに、そういった顔写真の事を中国語では『大頭照』と言います。 今ってデジタルカメラだから、何枚か撮って、その場でどれが良いか聞いてくれるし、更にそれを修正までしてくれるんですね~。 それともそれは結婚写真大国(?)台湾の写真館ならではのサービスなのか。 …

続きを読むread more

避難訓練ないんだって

9月ですねぇ。 新学期ですねぇ。 日本だと、小学校の新学期の1日目なんて、始業式と大掃除と避難訓練があって、午前で終わった気がするのですが・・・それって低学年の間だけだったかな? 台湾は、学年の始まりは9月から(行政上では8月1日になってるけど、実際に授業が始まるのは8月下旬か9月上旬)。 入学式こそあるものの、始業式なんて…

続きを読むread more

学生の国会占拠

ごぶさたで、ちょっときな臭い(?)話題。 日本ではあまりニュースになっていないようですが。 今、台湾の国会が学生に占拠されています。 というのも、昨年中国と結んだ“サービス貿易(服貿)協定”に対する不満から。 服貿というのは、中台間でのサービス業の進出を自由化しようというもので、銀行や保険、マスメディア、医療などが含まれてい…

続きを読むread more

憲兵

台湾には兵役義務がある。 来年には廃止予定らしいけど。 一般の兵卒とは別に、憲兵も徴兵で集められた中から体格などを考慮して選抜されるんだそう。 憲兵とは、国の大事な施設、例えば台北の中正記念堂で蒋介石像の前に微動だにせず立ってる人達。(他にも仕事はあるだろうけど) 先日知ったのだけれど、知り合いの中に、憲兵団にいたという…

続きを読むread more

大同電鍋

いかにも台湾な生活を象徴する1つ。 嫁入り道具の一つとも、海外に留学する時には必ず持っていくとも言われている。 大同電鍋。 実態は、炊飯器のこと。 電気釜という表現の方があってるかな。 世の中に初めて誕生した電気炊飯器、東芝の自動電気釜ってやつにそっくり、というか、見た目も原理もほとんどそのまま。 (参考:東芝のHP h…

続きを読むread more

期間限定の素食

台湾では宗教上の理由や生活習慣から肉類を食べない、つまりベジタリアンの人が結構いて、そういう人たちの食べる物を「素食」と呼びます。 元々素食の家庭で育ったという他に、期間限定で素食になる人もいる。 例えば、願掛け。 何らかの願いが叶うまでとか、あるいは叶ってから数ヶ月、数年素食にしますと宣言しておくらしい。 後者の方が多い気…

続きを読むread more

気のシンクロ

台湾には、西洋医学を扱う医師(西洋医)と、中医学を専門とする中医師がいる。 医者の不養生という言葉があるように、中医師でも完璧ではない。 養生の概念があるだけに、それなりに食事や生活習慣に気をつける人は多いだろうけれど、煙草も吸うし、かき氷も食べるし、夜更かしだってする。 お酒にいたっては、むしろ薬だから飲めるようになりなさい…

続きを読むread more

毒とバランス

中医学では、大抵の事は陰陽のバランスの一言で片付く。 陰陽バランスが崩れると病気になる。 陰陽バランスを整えるための薬を飲む。 『陰陽平衡、調和気血、調節臓腑』はレポートや試験で困った時の必殺技だったりする。(笑) けれど、最近、なんだかなーと思うことが続いた。 家庭の方針で、小さい頃からスナック菓子やファーストフード…

続きを読むread more

バークァン

こちらに来てから、あれこれと中医学の治療法に触れてきましたが。 もう一つ新たに経験しました。 拔罐。 発音はバークァン。 英語だとcupping。 日本語だと吸い玉。 おそらく、世界中の民間治療で見られる手法だと思う。 いくつかやり方はあるけれど、原理は同じ。 コップの中の空気を抜いて、肌を吸い上げる。 …

続きを読むread more

太極拳

太極拳を友達に教えてもらってます。 太極拳て言うと、朝の公園とかでおじいさんたちがユラ~ッとやってる体操みたいなイメージを持つかと思うけれど、やってみると結構ハード。 腰を落として、8の字を描くように重心移動させる基本の動きだけでも、真剣にやってると腿がパンパンに。 そこへ手の動きをつけたり、移動の足使いや、各種ポーズを組み合…

続きを読むread more

過生活

兵役中なんだけど、休暇で戻ってきたという友達に会った。 待ち合わせの場所に座ってるのを見たとき、誰だか分かんなかったなぁ。 色白で細い子だったのが、日に焼けて、一回り大きくなってたから。(笑) 何でも、この半年で10キロ太ったとか。 たくましくなったってより、太ったって感じだなぁ、あれは。 元が細すぎだったから、丁度い…

続きを読むread more

Linsanity

ここんとこ、毎日のようにニュースに上がるJeremy Lin (林書豪)。 名前のLinと熱狂・狂気という意味のinsanityを組み合わせたLinsanityなんて造語もでき、雑誌TIME(アジア版だけど)の表紙を飾った。 ・・・て、誰? NBAのニューヨーク・ニックスの選手で、中華系アメリカ人としては初らしい。(ア…

続きを読むread more

歳のとり方

新年ですねー。 明けましておめでとうございます。 外で爆竹が・・・。 怖い。。。 ところで。 国によって新年て違うし、年齢の数え方も違うんだよね。 ちょーっと気になって、調べてみた。(間違ってたら教えて下さい) 日本では、新暦(太陽暦)の1月1日をお正月として祝う。 誕生日は、生まれたときが0歳で、新暦での誕生日…

続きを読むread more

ヒット映画

昨日は映画からの流行語を紹介しましたが。 今日は今年台湾でヒットした映画そのものについてご紹介。 つっても、私は見てないんだけどね。(苦笑) 『賽德克巴萊(セデック・バレ)』 日本統治時代の、セデック族という台湾原住民による抗日反乱事件(霧社事件)を描いたもの。 かなり史実に忠実に描いているらしく、台湾と日本…

続きを読むread more

running test

『跑考』という試験形式があるんだけど、どういうものでしょう? ヒント:跑は走る、考はテストと言う意味 日本にもあるのかな? 少なくとも私は経験無いんだけど。 主に実験・実習関係での試験で、テーブルごとに課題・サンプルが置いてあるのを見て回り、その名前を答えるんです。 一定時間に、例えば30秒…

続きを読むread more

誕生日の宣伝

2・3日前に、ハッと思い出した。 母上様の誕生日。 1ヶ月も過ぎてから・・・。(ごめんなさいー) さて。 こっちでは、誕生日の人がプレゼントを配る習慣があるらしい。 幼稚園や小学校の時から、誕生日にケーキやキャンディーなどを持って行って、皆に「誕生日なのー」と配って回るのだそうな。(笑) 大人になったらなったで、…

続きを読むread more

茶器

これが、中国茶の作法。 写真は、聞香杯という長細い茶器にお茶を入れ、飲杯という小さいのを被せて、えいやっとひっくり返した状態。 ・・・イタズラしてるわけじゃないよ。(笑) 聞香杯をちょっと捻って持ち上げると、飲杯の方にお茶がこぼれます。 で、聞香杯の香を嗅ぐ・・・と。 いいお茶は、時間がたっても香が残ってるのよね~…

続きを読むread more

単味の計算について

科学薬(エキス剤)の、単味エキスをどう計算するかって、話の続きです。 例えば、芍薬甘草湯の場合。 傷寒論:白芍 4両、甘草 4両 (1両=10銭なので、現代の計算だと各150g。多っ) 現代中医学:白芍 12g、甘草 12g 台湾の製薬会社(エキス):白芍 8g、甘草 8g (抽出物3gとも記載あり。製品としての重さは?…

続きを読むread more

試薬

最近知った、中医学関連の非常に有意義なサービス。 その名も“試薬”。 つまり、薬の試し飲み。 1回につき2日分の中薬のエキス剤を無料でくれる、という。 (余談だけど、日本で“試薬”というと、実験に使う薬品類の事なので、最初聞いた時「?」だった。) 中医学が浸透している台湾でも、今は生薬(煎じ薬)よりはエキス剤(主に抽出…

続きを読むread more

社会性 vs 合理性

聞きなれない言葉に、服務学分というのがある。 学分は、単位のことで、服務はサービス。 何、それ?て聞いてみたら、ボランティアという答えが返ってきた。 ボランティアねぇ・・・公園の掃除とか、病院や災害地域への慰問とか、子供の遊び相手的なものを想像していたんだけど、いわゆる委員会のことらしい。 全員何らかの組織に属して、その中の…

続きを読むread more