テーマ:食べる

龍眼を採りに行って、一緒にもらってきたパパイヤ。 青かったので、部屋で3日ほど放置したら黄色くなってきたので、冷蔵庫へ。 バナナはまだまだ。 切ってみるとこんな感じ。 南国の果物って、結構グロイよね。。。 そもそもパパイヤって、南国フルーツにしては味がぼんやりしてるし、モモ缶みたいに柔らかいばかりで歯ご…

続きを読むread more

個性的なクッキー

引き出物のお菓子、なんと二段になっていて、クッキーと喜餅が入っていました。 喜餅というのは、巨大な月餅みたいなものです。 台湾では定番というか、伝統的な引き菓子なんだけど、古臭いイメージもあるので、最近ではクッキーやケーキにする場合も多いのだとか。 切ってみると、こんな感じ。 パイ生地みたいなのに、餡子、…

続きを読むread more

サービス

ずいぶん間があいてしまいました。 元気に過ごしておりますので、ご心配なく。 さて。 毎日暑いですねぇ。 てことで、先日、ちょっと気の張るミッションを終えた後、たまには冷たいものでも食べたい~と、台湾名物のデザートを買いに行きました。 豆花という、お豆腐のデザートです。 新しいお店ができていたので、試しに買ってみること…

続きを読むread more

元宵節

春節から15日の今日は、元宵節といって、お正月が終わる区切りの日です。 日本で言う小正月かな。 伝統的には、家族団らんして『元宵(げんしょう)』というお団子を食べるのですが、その由来について(各種説がありますが、その一つ)。 むかーしむかし(漢とかその辺の時代)、東方朔という名の大臣が梅林を散策していると、井戸に身を投げよ…

続きを読むread more

龍鬚菜

龍鬚菜、龍のヒゲの野菜という名前は、先の方がクルンクルンとしているその見た目からかな。 仏手瓜という瓜(日本名でハヤトウリ)の若い葉っぱと茎。 実自体も食べられるそう。 炒め物にしたり、茹でてお浸しにしたり。 ちょっと面白い食感して、そんなにクセがなく食べやすいです。

続きを読むread more

状元糕

これまた頂き物です。 状元糕の名前の由来は、状元という官吏試験へ行く時のおやつに持って行ったか、これを作って売ったお金で勉強したんだったか・・・何だとか言う故事かららしい。(適当) てことで、縁起担ぎの意味もあるお菓子みたい。 調べてみたら、中国各地でいろんな種類の状元糕があるらしい。 …

続きを読むread more

阪神本舖長崎蛋糕

蛋糕はケーキという意味。 なので、長崎蛋糕とか蜂蜜蛋糕てのは、つまりカステラのこと。 頂き物なのですが、台中で有名なお店らしい。 基本予約販売で、当日分もあるけれど、いつも行列状態だとか。 当日分と言っても、1日に焼く数が決まっていて、予約の入らなかった分てことなので、あると…

続きを読むread more

剝皮辣椒

久しぶりのブログが地震ネタだけというのは寂しいので、春節休み中、何かアップします。 おそらく、食べ物中心。(笑) 第1弾は剝皮辣椒。 英語でPickled peel chiliとの表記。 唐辛子の酢漬けです。 何を調べてたんだか、たまたま紹介されてるサイトを見つけて、買って食べてみたところ、気に入…

続きを読むread more

A菜(こんどこそ)

『A菜』再び、です。 以前『A菜』だと思っていたのが、実は『大陸妹』だったという事が判明し、今度はちゃんとわざわざ『台湾A菜』と書いてあるのを確認し買ってきました。 大陸妹と比べてみると、すらりと長細いですね。 でもって、レタス感は少なくて、生食できる感じはせず。 茹でてみると、あ、これ、私が以前市場で一束いくらで売…

続きを読むread more

台湾春菊

見た目は日本の春菊とは違って、丸っこくて、色も淡いんだけれど、味や香りは日本の春菊よりも強いかも。 『茼蒿』という名前の野菜です。 菊科なので、まぁ、春菊の親戚ですね。 味が似ていて当然か。 初め食べた時は、ちょっと驚きました。 春菊と同じく、鍋料理なんかによく入ってて、さっと茹でて食べます。 …

続きを読むread more

A菜

『A菜』 ええ、アルファベットの、ABCの、『A』、です。 台湾のレストラン(というほど洒落てはないが)で、青菜の炒め物としてよく見る名前。 なんとも不思議な名前。。。 Aがあるなら、B菜は?Cはあるのか?とくだらないことを考えてしまう。 友達に聞いてみたら笑われただけで、名前の由来は分からず。 ネットで調べてみたら、ま…

続きを読むread more

電鍋クッキング~もうやらない編

大同電鍋、ご飯は普通に炊けるのが分かった。(当たり前) 茹で卵は、濡らしてキッチンペーパーを外鍋に敷いた上に室温に戻した卵を並べて、蓋してスイッチポン。 スイッチが切れた後数分蒸らして出来上がり~、で、トータル7-10分くらい? はてさて、両方一緒にというのも試してみた。 お米の上に卵を乗っけて一緒に炊くだけなんだけど。 …

続きを読むread more

電鍋クッキング

クッキングというより実験じみた気分で。 そもそも、とあるサイトで見かけた写真が気になって、それを試してみたくて電鍋を買ったようなものだったんだよね。 用意するのは、ステンレスのカップ。 食材は、調理時間が適当でも支障のないもの(長時間調理しても風味の損なわれないもの)。 ということで。 1つには米を。 1つにはエノキ…

続きを読むread more

淡水 その2 食べ物編

ということで、お待たせしました、食べ物編。 淡水は魚丸(魚肉の団子)が名物らしく、あちこちに魚丸のスープを出すお店がある。 何本かある通りを行ったり来たりして、知人に勧められたお店をやっと発見。 ガイドブックにも載ってるし、地元でも知られてるみたい。 ま、そんな有名店(?)でも接客は台湾ローカルデフォルトな愛想のなさですけど…

続きを読むread more

軽井沢で鍋

軽井沢と言う名前の、鍋もののお店。 こちらの人にとって、そんなにメジャーな地名でも無いと思うのだけれど、はて。 中は今時のややお洒落目な感じだったけれど、デザインを重視しすぎたのか、椅子とテーブルの間隔が悪く、座りにくいし、テーブルが広くて正面の人との距離が遠い上に、周囲のざわざわつきがうるさくて話しづらいし、なんだかとにかく落…

続きを読むread more

メロンパンに挟まれたものは・・・

ちょっと前から流行ってる様で、あちこちで見かけるようになったもの。 冰火菠蘿包。 名前だけ見ても、何のことやらわからず。 食べてみるべし。 ええっと・・・台湾式のメロンパンに挟まっているのは、バターの塊! ちなみに、お店や屋台などでは、温かいパンに冷たいバターを挟んで提供されるらしい。 なので、冰火菠蘿包とい…

続きを読むread more

竜眼のカップケーキ

寒くなると、何となく食べたくなるものの1つ。 というか、実際この時期によく見かけるからかもしれない。 桂圓蛋糕 桂圓、つまり干し竜眼のカップケーキ。 他に、胡桃や黒糖なんかも入ってる。 生地自体は甘さ控えめなんだけれど桂圓がしっかりコクの有る甘みで、滋養を感じる。 なんとなく、懐かしい味。 お店に…

続きを読むread more

南薑金柑

羅東で買った、唯一のお土産。 南薑金柑。 南薑は生姜の仲間。 金柑を南薑と砂糖(シロップ?)で漬けたものだと思われる。 と言っても、まだまだ皮もパリッとした状態で、中はジューシー。 (そう言えば、金柑て丸ごと食べられるなんて、台湾に来てから知った。え?常識?) 生姜の仲間と言っても、ツンツンピリピリとしたもの…

続きを読むread more

東北酸菜鍋用の鍋

たびたびネタにしている、東北酸菜鍋。 中国の東北地方でよく食べられていると言う、酸っぱい白菜の漬物の入った鍋料理。 この前友達と行った東北酸菜鍋の専門店で、初めて見た。 不思議な形でしょう? ドーナツ状の鍋の真ん中に炭が入っていて、それで加熱しているんだそう。 煙突は空気穴で、上に蓋があって、それで火力を調整。…

続きを読むread more

インスタント春雨

こういうものを使い始めると、加速度的に怠け者度がアップする(苦笑) 借りてる部屋にはキッチンがなく、調理器具もないので、カップラーメン式に、どんぶりに麺と粉末スープを入れ、お湯をかけて数分待つ、という作り方をしてる。 そんなんで結構作れてしまうもんだねぇ。 インスタント用だからなのか、春雨って元々そういう風なものなのか…

続きを読むread more

科学麺

ネーミングの奇抜さから、台湾関係のサイトやブログで結構ネタにされている「科学麺」。 インスタントラーメンなんだけど、そのままでも(お湯をかけなくても)食べられるのだそうで。 袋の裏の食べ方の記述によると、適当にもみ砕いて、中に入っている調味粉を振り掛けて食べるのだそう。 普通のインスタントラーメンのように、お湯をか…

続きを読むread more

お茶請け

台湾でお茶するときのお茶請けをご紹介。 左手前の緑色のは、緑豆糕。 緑豆で作った、ほろほろっと崩れる、落雁みたいなお菓子。 右手前の茶色いのは、茶梅。 梅をお茶と砂糖やら何かで漬け込んだもの。 左奥の白いのは、椰奶雪花糕。 ココナツで作った、プリンのようなゼリーの…

続きを読むread more

ラスク

近所のパン屋さんで発見。 日本でもちょっと前に流行ってたよねぇ。 ラスク (あー、中国語で何て書いてあったか忘れちゃった) 都内のデパートで有名店の行列を見たりしたけど、これってそもそも廃材利用というか、残り物を利用したアイディア料理的なものだと思うので、勿体つけている雰囲気に違和感を覚えたなぁ。 専用のパンを…

続きを読むread more

湯包

「湯包」て、何でしょう? 写真のこれですが。 小籠包(ショウロンポー)のこと。 厳密には、何かそれぞれ定義があるのかも知れないけれど、食べてる限り同じものだと思われる。 最初そのことを知らなくて、台湾はショウロンポーが美味しいと聞いていたのに、全然お店を見ないなぁ、なんて思ってたのよね。 「湯包」と書いてあるお…

続きを読むread more

バナナ

台湾来る前は、果物が安くて豊富だから楽しみだったのだけれど、意外に食べてないやと気づいた。 そもそも、全然買い物行ってないし。(苦笑) 以前とは生活スタイルが違うからなぁ。 キッチンも無いし。 で、通り道にある果物屋でバナナとリンゴを買ってきた。 バナナを必要分だけ房からちぎろうとしたら、店のお兄さんに「切って…

続きを読むread more

ドリア

こんなものまでお持ち帰り可能です。 ちょっと時間がかかったけど。 蓋をとると・・・ 焗烤飯 ドリア 「焗烤」というのは、「オーブンで焼く(baking)」という意味らしいんだけど。 それに飯とか麺とかをくっつければ、ドリアやグラタンになるという…

続きを読むread more

イカ双子パン

台湾のベーカリーって、何じゃこりゃ?なものがいっぱい。 何て書いてあったか忘れちゃったけど、直訳すると、イカ双子パン?だったような。 確かにドーナツパンを2個くっつけたみたいな感じ。 で、その中にイカ団子?が入ってる。 ・・・へぇ。 上にはかつお節。 たこ焼きをイメージしたのかも? 色々間違ってるけど。…

続きを読むread more

紫のケーキ

台湾の名産のタロイモを練りこんだロールケーキ。 近所のパン屋で売ってました。 紫色が特徴のイモなので、生地も紫。(画像だと分かりにくいかも?) 中にも紫のイモペーストが入っていて、全体にねっとりまったり。 この食感は結構クセになります。 紫色のケーキだなんて、想像すると不気味だけれど、実際はそうでもないよね? …

続きを読むread more

甘くて酸っぱいスペアリブ

食べながら、これは日本語で何て言うんだろうと思ってて、思いついた。 もしかして酢豚? 中国語だと、糖醋排骨。 そのまんま、甘くて(砂糖)、酸っぱい(醋=酢)、スペアリブ(排骨)。 個人的に、こういう味はご飯に合わないと思うんだけど。 甘くて、酸っぱいんだよ? そもそも、甘いのや酸っぱいのって、単独でもご飯…

続きを読むread more

恐竜の卵

なにやら恐ろしい名前ですが、これのこと。 「恐龍蛋」 プラム?スモモ? とにかく、そういう系統の甘酸っぱい果物。 小さいので、2-3個ぺろっと食べてしまう。 大好きなんだけど、台湾産ではないみたい。 なので(?)、果物にしてはちょい高め。

続きを読むread more