テーマ:ロンドン

ロンドン その13 ~路上観察編

タイムマシンで引っ張ってます、ロンドンネタ。 話は尽きませんが、そろそろ締めないと、てことで、人とか物とか、路上観察編。 この時期(8月)のロンドンは観光客が多くて、街を歩いていると様々の風貌の人たちを目にし、色んな言語を耳にする。 ブロンドに青い目、睫が長くて、おめめぱっちり、色が陶磁器みたいに白い、お人形のような子がぞ…

続きを読むread more

ロンドン その12 ~食事編

・・・で、何食べてたの? 皆様気になりませんか?(笑) イギリスの食事はおいしくない、というのが定説だけれども。 特に不満はなかったなぁ。 つまり、『イギリス料理』には特徴的なのは無いけれども(ローストビーフくらいらしい)、ロンドン(都会)では世界各国の料理が食べられるし、味は悪くない。 一般家庭に招かれたり、ホームス…

続きを読むread more

ロンドン その11 ~郊外小旅行編

週末はバスで、郊外への小旅行。 土曜日はBristolとBath。 ロンドンから2時間くらいかなぁ。 Bristolは、以前書いたように、植物園を見学。(それだけで終わったのが残念) Bathは、イギリスで唯一の温泉がある街。 ほら、イギリスのマナー小説(ブロンテ姉妹やジェーン・オースティン女史の)なんかで、「…

続きを読むread more

ロンドン その10 ~トラブルの連続

観光ネタはちょっと休憩して、トラブル集を。 もっとも、そんな深刻なものではなく、お国柄(?)って感じのね。 まず、着いた日。 思った以上に気温が低くて冷えたし、長旅で疲れてもいたし、早いとこシャワー浴びてさっぱりしたい!と思ったのに・・・ ひぇ~~~、お湯が出ない!! アメリカでは、温水をタンクに溜めておいて給水す…

続きを読むread more

ロンドン その9 ~Gardens

お仕事関係で、色々な植物園、薬草園を訪れた。 ロンドン市内のThe Royal College of Physicians (RCP) Medicinal Garden、郊外のKew Gardens、遠出してUniversity of BristolのBotanic Garden。 ざっと紹介すると。 RCP Medi…

続きを読むread more

ロンドン その8 ~The Phantom of the Opera

イギリスと言えば、Musical。 アメリカ・ニューヨークのBroadway に対する、ロンドンのWest End。 正直、あまり興味は無かったんだけれど、折角なので行って来ました。 (折角って、観光客の切り札だよね。笑) 結論。 良かったー。 感動した。 行ったのは、ロンドン滞在最終日だったのだけれど、もしもっと…

続きを読むread more

ロンドン その7 ~Greenwich

社会や理科の授業で習う、世界標準時の旧天文台。 ・・・グリニッジって言ったら通じなかったよ・・・。(汗) 綴りはGreenwichなので、グリーニッチ? ロンドン市内からtube(地下鉄)を乗り継ぎ、Cutty Sark(カティーサーク)で降りるはずが、降りそびれて次の駅まで行っちゃった。 (どうやら自分でボタンを押してドア…

続きを読むread more

ロンドン その6 ~宮殿とか国会とか寺院とか

地図で見るとね、近いのよ、あれこれ。 で、観光ルートを組んでしまうんだけれど、歩くと結構あったりして、足がくたくた。 石畳で足に負担がかかるせいか、マメもできてしまった・・・。 Buckingham Palace(バッキンガム宮殿)に着くと、人だかり。 どうやら、丁度衛兵の交代式の時間だったよう。 人ごみに滑り込んで、門の…

続きを読むread more

ロンドン その5 ~Tate British

イギリスでは、イギリスの国のことはU.K.って表現するの。 United Kingdom。 イギリス人はBritish。 Tate Britishはテムズ河沿いにある美術館。 先のTate ModernとはTate to Tateというリバーボートで移動することもできるんだって。 いかにもヨーロピアンな風貌の建…

続きを読むread more

ロンドン その4 ~Tate Modern

「河がなければ、ロンドンは生まれなかった」て言われてるそう。 ロンドンの真ん中を流れるテムズ河。 河沿いには、数々の主要施設=観光スポットが並んでいる。 Tate Modernもそのひとつ。 2000年にオープンした美術館で、現代美術を中心にコレクションしており、発電所を改築した建物は、レンガ造りの外観や中央の巨大な吹き抜け…

続きを読むread more

ロンドン その3 ~The National Gallery

ナショナル・ギャラリー、つまり国立美術館。 手持ちのガイドブックには「イギリス人は絵を描くのは苦手でも、集めるのはプロ」なんてコメントがあったりする。 (確かにそうだけど) ちなみに入場無料。(大英博物館も) 文化施設が無料なんて、なんていい国なんだ、イギリス。(日本が高すぎ) トラファルガー広場の向こうがナシ…

続きを読むread more

ロンドン その2 ~British Museum

イギリスといえば、大英博物館。 大英帝国の凄さを知るには十分すぎるほどのコレクションの数々。 話には聞いていたけれど、実際、圧倒されました。 だって、持ってきちゃうんだもん。 ギリシャの神殿を。 エジプトのミイラを。 ・・・おいおい。 異教の神や王なんて、恐れることないってことなのね。 まぁ、その…

続きを読むread more

ロンドン その1 ~歩く歩く歩く

えーっと、ロンドンにいます。 どこって? イギリスの。 一応、お仕事関係。 ・・・あんまり上手くいってないけど・・・。(苦笑) ま、それは置いておいて。 折角来たロンドン、お仕事だけで帰るのはつまらないので、観光も。 とは言え、私のイギリス・ロンドンに対する知識って粗末なもので、渡英前日にやっとガイドブックを買…

続きを読むread more