テーマ:台湾旅行

日月潭とその周辺 その7(ラスト) 高台の神様と夕日

日月潭旅行記もいよいよラスト、写真多めです。 昼食後、車で玄奘寺というお寺へ。 お寺の名前の玄奘とは、西遊記に出てくる玄奘三蔵で、ここには玄奘の遺骨(いわゆる舎利というやつ)が納められているとのこと。 うややしくケースに入れられ高座に安置されているので、そのもの自体を肉眼で見ることは出来ないけど、脇にあるモニターにライブ影像が…

続きを読むread more

日月潭とその周辺 その6 紅茶と奇刀魚再び

さて、次はお茶探し。 友達が、頼まれ物があるからと。 けど、その目当てのお茶屋さんに昼食の予約をかねて電話してみたら、お休み! ということで、通りを行ったり来たりしながら、友達がここで試飲させてもらおうと、とあるお茶屋さんへ。 日月潭に来たなら、中国茶よりも紅茶でしょう。 詳しくは以前の記事を → http://tom…

続きを読むread more

日月潭とその周辺 その5 クルージングとカヌー

朝食後、ホテルをチェックアウトしてから、待ち合わせ場所へ。 何でも、カヌーができる場所へ行くために、オーナーが希望の場所まで船で迎えに来てくれるのだとか。 てっきり他にも人がいて、乗り合いみたいになるのかと思ってたら、私達だけ。 貸しきり状態のクルージングで妙にテンションが上り、カヌーのできる入り江に到着。 ここもや…

続きを読むread more

日月潭とその周辺 その4 遊泳者と奇力魚とマッサージ

ホテルにチェックイン後、日月潭の周辺を散策。 泳いでいる人がいて、びっくりした。 そういえば年に一度、日月潭を横断する水泳大会があるんだっけ。 かと思えば、反対側には船が停泊しているし。 結構深いんじゃないのかなぁ・・・。 水辺は涼しくて、日が落ちて色の変わっていく空と遊覧船を眺めながら、まったりとお喋り。 今日…

続きを読むread more

日月潭とその周辺 その3 お茶畑の遊歩道

向山遊客中心(ビジターセンター)で、トイレ休憩と情報収集。 連載3回にして、やっと日月潭が見えるか(笑) コンクリ造りのスタイリッシュな建物だった。 結婚写真の撮影隊がいて、バンの後ろ開けてメイクしてたりして、なんだか面白かった。 日月潭の周囲には点々と廟や眺望台があり、サイクリングコースや遊歩道もある。 地図を見て分…

続きを読むread more

日月潭とその周辺 その2 貯木池と肉圓

車程という、昔の駅。 旅行者向けの日月潭周辺の交通案内に、「陸・海・空」セットってのがあった。 陸は遊覧バス、海は日月潭のクルージング、では空は? 正解は、ケーブルカー。 日月潭のほとりから、九族文化村という、原住民のテーマパークへ伸びているもの。 さて、ここの駅の傍には貯木池があり、山から切り出した木をここに浮かべて…

続きを読むread more

日月潭とその周辺 その1 地震跡と牛肉麺

日月潭にはこれまでにも何度か行ったことあるけれど、いつも連れられていくばかりで、どこをどう回ったのかとか、あまり覚えてない。 また、日帰りだったこともあって、慌しかったという印象。 今回、友達と泊りがけで行ってきました。 まぁ、プラン立てたのは友達なので、連れられていく状況に変わりは無いんだけどね。 お昼ご飯を食べるために駐…

続きを読むread more

大稲埕碼頭

台北市内の淡水河にも、大稲埕碼頭という小さな港がある。 碼頭は、埠頭とか波止場という意味。 地図で見ると、迪化街の近くのようなので、台北駅から歩いてみた。 思ったよりきれいに整備されていて、むしろその白いタイルが日差しを反射するからやめてくれと言いたい位。(笑) 川沿いのサイクリングがブームのようで、あちこちに…

続きを読むread more

淡水 その2 食べ物編

ということで、お待たせしました、食べ物編。 淡水は魚丸(魚肉の団子)が名物らしく、あちこちに魚丸のスープを出すお店がある。 何本かある通りを行ったり来たりして、知人に勧められたお店をやっと発見。 ガイドブックにも載ってるし、地元でも知られてるみたい。 ま、そんな有名店(?)でも接客は台湾ローカルデフォルトな愛想のなさですけど…

続きを読むread more

淡水 その1 ぶらぶら編

行ってきました。 思えば、これまで何度も行く機会があったものの、雨だったり計画変更だったりで、縁がなかった場所。 その念願の地に、とうとう足を踏み入れたのです!(大げさ) ちなみに淡水とは、台北駅からMRTに乗って終点まで、約40分。 淡水河沿いの街で、港町として発展したんだとか。 観光ポイントとしては、旧蹟がいくつか、そ…

続きを読むread more

女三人珍道中リターン その3 ~路地裏の杏仁茶

木彫りの街を後にした後、台中に戻り、台湾の友達お勧めの杏仁茶のお店へ。 それが! お店がなかなか見つからない~。 タクシーの運転手に住所を見せたんだけれど、分からないという事で、友達に電話して運転手と直接話してもらっても、分かってなさそうな。 なので、その辺だと思われるところで下りて、近所の人に聞いてみることに。 住所やお…

続きを読むread more

女三人珍道中リターン その2 ~木彫りの街

勝興車站からタクシーで水美街へ。 ここは木彫りの盛んな街で、木雕老街とも言われている通り沿いには木彫りのお店が並んでる。 歩いているだけで、ヒノキのいい香りが漂ってくる。 主にテーブルとか仏像とか豚モチーフの置物なので、ちょっとお土産に、というわけにはいかないけれどね。 もっとも、そういう渋い趣味も無いので、ここでの目的は食…

続きを読むread more

女三人珍道中リターン その1 ~トンネルの先

日本から友達が遊びに来ました! 数年前にも来た事があり、その時は鹿港へ行ったんだっけ。 その時のすさまじさは、2009年12月29日から2010年1月5日の女三人珍道中シリーズを参照。(笑) 今回は、台中から電車で30分ほどの三義という所へ。 私も初。(どころか、前日に台湾の友達に聞いて初めて知ったという) 例によってハプ…

続きを読むread more

羅東 その3 ~フォトジェニックな伝統芸術センター~

翌朝。 起きてびっくり、あーーーめーーーー。(涙) 靴を外に置きっぱなしだったんで、濡れてるし。(朝早くに宿の人が雨の当たらないところに避難させておいてくれたみたいだけど) とりあえず身支度して、一つの部屋に集まり、どうするか相談。 移動は基本スクーターなので、合羽を持ってきている2人に、朝食の買出しと他の人の分の合羽の調達…

続きを読むread more

羅東 その2 ~羅東夜市~

羅東夜市へゴー。 の、つづき。 以下、食べ物の紹介なので、読む時間に気をつけて下さい。(笑) 羅東夜市は、規模としてはそんなに大きくない気がするけれど、とても活気がある。(ま、夜市はどこもそうだけど) 店の並びの雰囲気は台北の師大夜市に似てるかな? 同じ様な店があるのだけれど、事前に羅東出身や台北の友達(週末遊びに来たりす…

続きを読むread more

羅東 その1 ~神様のバケツリレー~

友達と、プチ旅行に行ってきました。 名目はレポートのための取材、実際は食べたり遊んだりの情報収集の方が熱心だったという・・・。 予算のことを考え、金曜の朝出発、1泊して土曜日に戻ることに。 交通手段は、行きはバス、帰りは電車を利用。 バスだと、台中から台北が約3時間、そこで乗り換えて羅東まで約1時間。 電車だと、乗る車種に…

続きを読むread more

小琉球 ~食べたり買ったり

とにかく暑い! 日差しが強い! 日焼け止めを何度も塗りなおし! こんなに暑い時は、こんなお楽しみが! マンゴーカキ氷!! 器もスプーンも貝がらで、おっしゃれー。(食べにくかったけど) ちなみに、友達には「一緒に食べようと思って、(前日は食べるのを)我慢したんだよー」と言われた。 こちらはフルーツカキ氷。 …

続きを読むread more

小琉球 ~大復活の2日目

前日の不調が嘘みたいに元気いっぱい、何も出来なかった1日目を取り戻すべし! しかし、ここでトラブルが。 今回、宿とバイクのセットで安くなるプランを幹事が手配してくれたんだけれど、そのバイクは珍しく電動式。 とても静かで、スピードも出ないから、乗ってて安心なのが嬉しい。(ま、慣れてるけれども) 電動式なので、充電しなきゃいけな…

続きを読むread more

小琉球 ~船酔いにダウンの1日目

暑~い台湾だけど、更に暑くて、南国っぽくて、カラッと晴れてて日差しが強い! そういう日差しの強い天気や地域のことを中国語だと「太陽好大」って表現する。 直訳すると、「陽が大きい」・・・いや、太陽の大きさは同じだからと、突っ込みを入れたくなるけど、言いたい事は分からんでもない。(笑) 台湾のリゾート地、そんな島へ行って来た。 …

続きを読むread more

ママーズ@台北旅行 ~4日目~

なんだか今回はあまり写真を撮ってないなぁ。 アテンドに徹してたせいだろうか・・・いや、何度も行ったところだったり、雨だったりするせいだ。 そして、食べちゃってから「あっ」て事が多かった。(苦笑) さて、ママーズは夕方便での帰国なので、午前中いっぱい時間がある。 ということで、鼎泰豐へ週末朝限定の小籠湯包を食べに行くことに。 …

続きを読むread more

ママーズ@台北旅行 ~3日目~

当初の計画では、淡水に行く予定だった。 けど、チャイナっぽい小物を見たいということで、九分(本当は人偏に九)に変更。 台北市内にもそういう店はあるだろうけど、観光地の方が集まってるので手っ取り早い。(笑) それにしても、今回も淡水へ行けずじまい・・・いつも九分に取って代わられちゃうのね。 何故だ?(笑) これまでは、知人の…

続きを読むread more

ママーズ@台北旅行 ~2日目~

格安ツアーでも朝食つきだった。 日本を意識した、明らかに台湾な料理だったけど。 (天ぷらとか、にんにくの利いた炒めものとか) 朝食後、MRTで圓山駅まで行き、孔子廟と保安宮へ。 孔子廟は、他で見たのと比べ、小ぢんまりと落ち着いた雰囲気。 けど、やはり台北だからか、ちゃんと展示物が整理されていて、解説ビデオなどもあった。…

続きを読むread more

ママーズ@台北旅行 ~1日目~

4時頃、ホテルでママーズと合流。 バスから降りて来て来たところで、荷物を持ってあげようとしたら不審がられた。 たった半年で娘の顔を忘れたの!? あ、帽子を被っていたせいか。(苦笑) チェックインし、荷物を置いて、タクシーで台北101へ。 頼まれものの化粧品があるということで、101内のモールや近くのデパートを放浪。 台湾…

続きを読むread more

ママーズ@台北旅行 ~準備編~

先日、母とその友人(略してママーズ)が遊びに来まして、例によってアテンドをしたので、その記録をば。 たまには時系列で書いてみようかな。 まずは、その準備編。 ママーズには、エアとホテル、送迎込みの3泊4日格安フリーツアーを日本で予約してもらった。 私はこういうツアーって利用した事無いからどういうものか分からなかったんだけど。…

続きを読むread more

九分の面

週末、日本から知人が来たので、台北へ行っていました。 仕事関係での来台なんだけれど、例によって、くっついて歩いて美味しいものを食べ、色々な所に連れて行ってもらおうという魂胆で。(笑) いや、最初は通訳的なことを頼まれていたんだけれど、さすがお仕事の話なので、台湾側にちゃんと日本語が出来る人がホストとしているんだよね~。 日本に…

続きを読むread more

おしゃれなバスターミナル

遅ればせながら、台北の新オシャレスポット『京站時尚広場』へ行ってきた。 ここは、バスターミナルとおしゃれなショップの入ったモールと、高級ホテルの入った総合ビル。 “時尚”というのは、流行とか最新という意味。 ショップ部分は、服やらバッグやら時計やら化粧品やら。 地下にはフードコートがあり、ケーキやチョコレートなど…

続きを読むread more

母と食べ歩き

さて、母と何を食べ歩いたかというと。 母は大食漢ではないのだけれど、食に対する興味は旺盛で、かつ色々食べたくなるみたい。 お腹いっぱいでも「目が食べたい」てやつで、一口で満足しちゃったりするんだけどさ。 台北での初日はお約束、鼎泰豐(ディンタイフォン)の小籠包。 横にあるのはトマト玉子スープ。 あっさりしてて、…

続きを読むread more

花蓮 その5~蘇澳冷泉

天然炭酸冷泉は、こことナポリの2箇所だけ。 だからって蘇澳(su ao:すーあお)を台湾のナポリだというのは・・・言いすぎだろう。(笑) ここもガイドブックで読んで&台湾で会った人に教えてもらって、是非行きたいと思っていたところ。 花蓮からローカル電車で1時間ちょっとの蘇澳新へ、そこで乗り換えて1駅先の終点が蘇澳。 …

続きを読むread more

花蓮 その4~BELLA SPA

母のリクエストにより、SPAへ。 関係ないけど、台湾ではSPAって言うと、いわゆるエステやマッサージ、ホテル内のトレーニングジム・サウナなんかを指したりする。 日本だと単純に温泉・入浴施設だけど。 ・・・もしかして、母はその辺を誤解してのリクエストだったかも? (ホテルのHP見て、「SPAがあるのね、行きたいわ~」てなニュア…

続きを読むread more

花蓮 その3~大自然と過剰装飾

今回泊まったのは、花蓮でトップクラスのリゾートホテル。 の割には、バスローブが無かったり、フロントへの電話が通じなかったり、セキュリティボックスが閉まってて開かなかったり、チェックイン時に団体さんとかち合ったためかベルボーイがいなくて荷物を運んでくれなかったり、お子様がわんさかいて、うるさかったり・・・のっけから不満な点ばかり書い…

続きを読むread more